静かなエアーポンプの選択【金魚の飼い方】


 スポンサーリンク



 野外飼育する場合はそんなに気にならないが、室内で金魚などの魚を飼育する場合、どうしてもエアーポンプの音が気になる。特に水槽を寝室に置く場合はエアーポンプの音(動作音)は静かであるに越したことはない。

 有名メーカー各社からエアーポンプが発売されているが「外装」などに記載されている防音などのうたい文句や、静かだと思える商品名は正直当てにならない。
 エアーポンプは水槽やフィルターと同様に値が張る商品。是非慎重に音が静かなエアーポンプを選択して欲しい。
 

エアーポンプを選択する際のコツ

 1.日本製であること(外国製は音を軽視している場合が多い)
 2.有効な水深を見ること 
   使用したい水槽の水深を測って、その水深以上に対応しているエアーポンプを選ぶ。
 3.最大吐出量(吐出量が多いほど能力が高い)
 4.圧力(圧力も多いと分岐にも良い)
 5.小型であればあるほど音がうるさい
 6.安ければ安いほど音がうるさい
 7.セット水槽についているポンプはうるさい


 スポンサーリンク

エアーポンプは消耗品である

 エアーポンプは24時間毎日連続して動作するものである為、パッキンなど部品類は正直「消耗品」だ。
 6ヶ月~1年に1度、交換又は買い替えする必要がある。交換部品もあるかどうかもエアーポンプを選ぶ際のポイントとなるだろう。
 交換時期の見極めは、音がうるさくなった時。
 また、正直エアーポンプを含め、水槽関係のポンプ類には当たりハズレがある為、最初からうるさい場合もマレにある。音の感じ方には個人差が有り、音の大小は保証外なので、念のため・・。

小生のエアーポンプ歴

 ここ1年に3台のエアーポンプを購入した。
 1台は日本動物薬品のノン○イズシリーズ。正直音がうるさくて、すぐに新しいのを探した。
 そして、色々と調べて出合ったのが水作の水心SSPP-3Sで、とても静か。
 予備として電池式であるジェックスのアトム3も買った。これは防音機能はなく、とにかくうるさい。
 そして、SSPP-3Sを3本に分岐すると、さすがに負荷が掛かるのが、少し音が大きくなった。その為、ワンランク上のSSPP-2Sに交換して見ると、音が軽減され、弱かったエアー量も増えて現在に至る。

小生のお勧め 静かなエアーポンプ

  

 水作 水心シリーズ SSPP-2S (定価:4725円)  
 最大排出量 毎分3500cc。圧力16KPa。水深90cm水槽まで対応。吐出量調節式。
 消費電力4.5Wで1ヶ月の電気代は約90円と省エネ型。

 吐出量調節を最大にしなければ、かなり音は軽減できる。単独使用の場合、泡が水面ではじける音のほうがうるさいくらい。
 上記の水心(すいしん)SSPP-2Sは能力的には高く分岐して使用するのにも良い。
 エアーチューブを分岐せずに、単独(1本)で使用するなら、ワンランク下のSSPP-3Sでも良い。
 楽天通販だと結構安いので金魚のショップでの価格と比較して欲しい。


水槽用品類や熱帯魚などの生体も「とても」安く手に入るのは→「チャームさん」
騙されたと思って1度、色々と検索して見てください。見るだけでしたら、無料ですのでね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 04日

ページ上部へ戻る