競走馬が骨折すると なぜ安楽死させるのか? 理由を3分でわかりやすく

馬の安楽死

 スポンサーリンク



JRAなどの競馬に出場するサラブレット・競争馬が、足を骨折して、安楽死させたと言うニュースや報道を度々目にします。
なぜ、馬は骨折すると、安楽死(あんらくし)させるのか?
人間みたいにギブスをはめて、完治するのを待てないのか?
殺傷するなんて、かわいそうだと思いますが、なぜ、安楽死させなければいけないのか、その理由を、簡潔に記載・説明してみたいと存じます。




まず、安楽死するかどうか?の判断をするのは、獣医師が診断すると言う事になります。
専門用語で「予後不良」(よごふりょう)と診断されると、安楽死させます。
診断する獣医師も、これが馬にとって、最善であると言う判断に至った結果が、安楽死と言う事になります。

馬のレース・競争中や、調教中などに、足を骨折したり故障した場合に、回復が極めて困難な場合には、その「予後不良」になります。

もともと、競走馬の場合、1本の足に100kg~150kgもの負担が掛かります。
しかし、足は細長く、ヒビなどの故障・骨折が発生しやすいと言う特徴があります。
そして、1本の足だけでも、骨折しますと、その体重が、他の3本足に負担がのしかかることになります。
そうなりますと、健康な他の足にも、蹄葉炎(ていよう えん)、蹄叉腐爛(ていしゃふらん、ていさ ふらん)といった病気を発症します。
例えば、重量によって血行障害が発生して、蹄(ひずめ)の内部が炎症を起こし、骨折していない足も、次々に故障が発生するのです。

馬は、自分の体重を、常に4本の足で支えないと、生きていけないのです。




かつて、日本中央競馬会にて、春の天皇賞や、有馬記念を制したテンポイントが骨折した際には、馬主の意向で安楽死させずに、療養をしました。
33名もの獣医師が医師団を組んで手術を行い、もう命は大丈夫と言う保証も出たくらいでした。
しかし、結局は、骨折した足に体重がのしかかり、患部が腐敗して骨も露出します。
そして、蹄葉炎を発症し約5ヶ月後に自然死しています。
体重も500kgから、300kgまでやせ細っていたそうですので、治療と申しましても、馬にとっては壮絶な闘病生活になったことが伺えます。

他には、皐月賞と菊花賞を取った2冠馬のサクラスターオーも、有馬記念1番人気でのレースに無理に出走したことで競走中に足を故障して、競走中止しています。
この時は、骨折ではなく、靱帯断裂と関節脱臼でしたが、ファンの要望などもあり、せめて種牡馬にと厩舎での闘病生活に入りました。
しかし、その後、他の脚でも体重を支えきれなくなり、立ち上がろうとした際に、別の足に骨折が発生します。
ついには、自力での起立が不可能となり、ケガをしてから約5ヶ月後に安楽死の措置が取られました。




ディープインパクトの場合、JRAを引退して、種馬になっていましたが、腰を悪くしたため、手術を行い無事に終了しました。
しかし、翌日に突然、起立不能、すなわち立てなくなってしまい、レントゲン撮影の結果、頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みがないことから、安楽死となりました。
17歳でした。(馬の寿命は約20年くらい)

人間が病院に入院するように、おとなしく、ベットで寝かせていれば良いのではと?とも感じます。
しかし、馬には、毎日、ずっと24時間、寝ていてねと話をしても、言葉は通じませんし、本能的に馬は、立とうとしてしまいます。
そもそも、立ったまま、寝ることが多いくらいの動物ですのでね。
仮に、横たわって、寝ているのが好きな馬であったとしても、体重が問題です。
寝たままですと、お腹周りの皮膚が、臓器や骨の重さで圧迫を受けて、人間で言えば床ずれのような状態になり、皮膚が重みに耐えられません。
ガリガリにやせてしまえば、骨が当たって、痛みも発します。
犬や猫は、体重が軽いので、たとえ足を骨折しても、寝ていれば大丈夫なのですが・・。

できれば、怪我をしたとしても、余生を送ってほしいところではありますが、このように馬は、4本の足で体重を支えられないと、生きていけないのです。
骨折などをした場合に、長い時間、馬がつらい思いをしないようにしてあげるのが、せめてもの心遣いと言う事なのです。

安楽死は、薬物投与などで行われます。
そして、荼毘(だび)に付されると、馬頭観音に供養されるのが通例です。

これから治療技術も、発達してくるのでしょうが、例えば、馬用の「車椅子」のような感じで、怪我した足の加重を支えられるような装置ができると良いですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る