自宅でドクターフィッシュに角質を食べてもらおう~簡単導入・飼い方・飼育


 スポンサーリンク



ドクターフィッシュとは?

 日帰り温泉施設などで良く見受けられ目ドクターフィッシュ。
 そうです。足の古い角質を食べてくれる小さな魚ですね。

 正式な名称はガラ・ルファと言う魚で、元々は雑食性の魚です。トルコの温泉にいたこの ガラ・ルファ は、食べるものが少ない為か、人間の皮膚の角質を食べていた為、日本でもドクターフィッシュとして知られるようになった。
 ガラ・ルファは、歯が皮膚をかじるのではなく、皮膚を口で吸い取るようについばむのと、ついばむ際の小刻みな刺激や振動が皮膚の代謝を促進させるとされ「自然のピーリング効果」「マッサージ効果」「リラクゼーション効果」の3つが期待されると言う。  そして、アトピー性皮膚炎・乾癬など皮膚病に治療効果があるともされるゆえに、ドクターフィッシュと呼ばれるのだ。
 あのクレオパトラも愛用していたと言われ、トルコでは医療行為として保険も適用される。

自宅でドクターフィッシュ

 さて、そんなドクターフィッシュだが、最も簡単に自宅で飼育する方法を記載する。

(1)ドクターフィッシュ 飼育セットを購入

 なんと初期導入用の飼育セットがあります。必要なものが最初から揃ってます。


ガラ・ルファ(ドクターフィッシュ)が10匹付いた簡単飼育セット【こだわりの生体を】

(2)水温設定

 ガラ・ルファは最高37℃までは耐えられるとされています。適温は25℃ですが、足を入れて食べてもらうには冷たいので、多少水温を上げると良いでしょう。
 もちろん、最初、水道水を入れる際にはカルキ抜きして、水温を上げてからにしましょう。

(3)角質を食べると言う事

 本来は、雑食性の魚で、皮膚の角質は食べません。
 要するに、食べるものに困って、角質を食べると言えます。
 よって、飼育開始してすぐだと、角質を好んで食べてくれないかも知れませんが、数日絶食する事で、食べるようになります。
 なお、角質を食べるのは、生後2ヶ月から2年半ごろまでの若いガラ・ルファ(5cm位まで)
だとされています。大きくなったら、若いガラ・ルファを買いなおす必要性がありますが、うまく管理できれば、卵を産み、稚魚が生まれる事もあります。


ご自宅でお魚セラピー ドクターフィッシュ ガラ・ルファ10匹

(4)水の交換

 水は不要な物質が貯まったり汚れてきますので、
 1週間に1度、30%程度の水を交換すると良いです。


水槽用品類や熱帯魚などの生体も「とても」安く手に入るのは→「チャームさん」
騙されたと思って1度、色々と検索して見てください。見るだけでしたら、無料ですのでね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • ガラ婦人
    • 2016年 3月 24日

    おおきくなったら、買いなおす?そんな風に命を扱うなよ
    この記事をよんでドクターフィッシュをそういう風に扱う人が一人でも出てきたら残酷だ

    • サムーズ
    • 2016年 4月 18日

    ガラ婦人さん
    角質をとってもらうには、って話でしょう。
    それまで飼ってたガラ・ルファを捨てろって言ってるわけじゃない。ただ単に、大人のガラ・ルファは角質を食べないから、ドクターフィッシュとしての役割は果たしてくれないから、角質をとってもらいたいなら若いガラ・ルファが必要だよ。ってだけの話ですよ。

    • 通りすがり
    • 2016年 6月 30日

    ガラ婦人、馬鹿の典型

    • 通行人
    • 2016年 7月 09日

    でも、実際は捨てるよな。特に業者なんかは。犬や猫でも同じ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る