石巻貝を水槽に入れる効果はコレ【金魚の飼い方】


 スポンサーリンク



石巻貝(イシマキガイ)

 金魚水槽のコケ取りには最適なのが石巻貝。

 石巻貝は日本の中部より南の河口から中流域の河川に生息する。コンクリート護岸などに付着している場合が多い。
 両側回遊型なので、卵を生んでも塩分の水域でないと繁殖はできなく、淡水魚の水槽では増えない。なお人工繁殖は難しい。
 その為、コケ取り用の消耗品と同じ扱いしかできないのが残念。

 石巻貝は毎日水槽内をゆっくり歩き回り、小さな口でせっせと「コケ」や有機物を食べる。その為、特別にエサを与える必要はない。
 水質や水温への適応能力も高いが、水が古くなる酸性では貝殻が溶けてしまうのか★になるので、水質悪化の目安にもなる。
 最大2cm程度の大きさになるが、大型の金魚に捕食されることもない。水草(アナカリスなど)の葉についたコケも食べてくれる。
 基本的に水草は食べないが、小生の場合、アヌビアス・ナナの葉を食べられてしまい、葉のところどころに「穴」があいている。
 また、ひっくりかえると場所にもよるが起き上がれず、金魚に食べられたりすることもある。
 砂利の中に潜るような場合は、エサ不足が考えられるので、他の水槽などに移してあげよう。


 スポンサーリンク

購入時の注意

 コケが水槽になければ、石巻貝を飼うのには適していない。
 コケがひどければちょっと多めに、コケが少なければ少なめにと、コケの量に応じて飼う数を調整して欲しい。
 貝殻がジャマをして狭い場所に入れないので、購入時に選べるようであれば小さなのを買おう。
 たまに、サザエのように角があるサザエイシマキガイがあるが、サザエ型は金魚の体をキズつけることにもなるので、購入時には注意。
 小生の45cm水槽では、たくさんいても気持ち悪いので、1匹だけ投入。
 ただし、その後、ミナミヌマエビを楽天で購入した際にとても小さな石巻貝が入っていたので、現在、石巻貝は2匹となっている。

川での捕獲も簡単?

 前述もしたが、石巻貝は日本の中部より南の河口から中流域の河川に生息する。
 大きめの河川にある堰やコンクリ護岸に大量に「黒」(汚れている場合は茶色)く付着している、1cm~2cmの貝がほぼ石巻貝。
 魚のように簡単に逃げないので、捕獲しやすい。
 ただし、川は大変キケンで、堰などは滑りやすいので、子供だけでは行かせないと言う指導を行い、大人でも十分注意して欲しい。


水槽用品類や熱帯魚などの生体も「とても」安く手に入るのは→「チャームさん」
騙されたと思って1度、色々と検索して見てください。見るだけでしたら、無料ですのでね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • かずき
    • 2016年 2月 13日

    川でとった場合、病気があったりしますか??

    • かずき
    • 2016年 2月 13日

    川でとった場合病気などの危険性はありますか?もしあったら予防は、できますか?

      • 高田哲也
      • 2016年 2月 14日

      かずきさま、お問い合わせありがとうございます。
      石巻貝を自然の河川などで採取した場合に、なにか心配事があるようでしたら、飼育目的の水槽に入れる前に、バケツなどで良いかと思いますので、1週間位、別にして様子を見ると良いのではと存じます。
      お店などで購入した魚介類も、管理が徹底されていると言う訳ではありませんので、同様にご心配でしたら、購入したものでも同様だと言えるかと存じます。
      ただし、川での採取は危険もありますので、複数人で行くなど、充分に対策を講じてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る