高水温対策・水温上昇防止方法【ミナミヌマエビの飼い方】


 スポンサーリンク



高水温対策考案

 我が家のミナミヌマエビや金魚の水槽はすべて「部屋置き」です。

 夏には部屋に日光がサンサンと照り、カーテンなどをしていても、35℃以上になる場合が有ります。部屋に冷房(クーラー)はありますが、いくら命には代えられないと言っても、金魚やミナミヌマエビのためだけに、外出中にもクーラーをつけておくなんて事は電気代がバカになりません。
 外に水槽を置いている場合は、日陰に置くなどの対策が有効ですが、部屋に水槽を設置している場合は、夏になるたびに水槽を移動なんて事は、重いですし到底無理です・・。
 そんな中、昨年の夏には、ミナミヌマエビが暑い夏を乗り切れず、全滅しました。エビ類は高温に弱いです。しかし、幸い、金魚は頑張り現在でも健在です。
 その為、今後は、下記のような「夏季対策」を実施することに致しました。


 スポンサーリンク

水温を低下させる市販品 

 

 水槽の温度を下げるのに最も一般的なのは、水槽用の扇風機です。原理はパソコンの空冷ファンと同じです。暑い水面に風を送って、水温を下げるというものです。ただし、部屋の温度(外気温)が高ければ、1~3℃程度の低減効果しかなく、水が水蒸気になりやすい=水が減りやすい傾向があります。
 水槽の水温を下げる場合、一番効果的なのは、水槽用のクーラー(冷却装置)です。しかし、1機=50000円など、人間用クーラーと遜色ない価格と言う機種もあり、貧乏飼育人には手が出ません。もちろん、余計な電気代も掛かると言うことになります。
 最近、水槽用のクーラーは、安いタイプ(クールボックス)も発売されておりますが、なんと言っても、クーラーにしても、空冷ファンにしても、ファンの音がうるさいのが難点です。
 そこで思いついたのが、下記の冷却方法です。

我が家の水槽・水温低下装置

 
 
 1回購入すれば何度も使えて、冷却するのに余計な投資や電力も最小限にでき、音も出ずとても静かで、価格が安い冷却用品。
 それは「アイスパック(コールドパック)」です。
 冷凍庫に一晩入れておくと、凍ります。そして、翌朝(昼)に、水槽に入れて、暑い昼間対策として使用し、水温が下がる夜には回収して、再び凍らせて使用すると言う繰り返しで使用可能です。
 もともと、クーラーバック用ですので、小型のものが多く、水槽の大きさにも適しています。
 ビニールではいささか不安ですが、プラスチックに入っている冷却材であれば、耐用にも向いているでしょう。
 冷蔵庫で冷やす際に、水槽の汚い水にさらされた冷却材をそのまま食品類がある冷凍庫に入れるのは抵抗があったのでね小生の場合は、ビニール袋に入れて、冷凍庫で冷やしています。
 安いものが良ければ、100円ショップでも手に入ります。
 コールドパックを1個だけでなく、水槽の大きさや、皆様の環境によっては2個、3個と追加しても、投資額が安くて済むのも良いです。
 夜も暑いよと言った場合には、複数用意して、昼も夜も冷やすと言った方法も取れると存じます。大きいコールパックを買うよりは、小型のものを何個が用意する方が、使い勝ってが良いでしょう。
 毎日、冷やしたり、水槽に入れたりする手間は発生しますが、そんなに苦にはならないはずです。
 できれば、長時間持つタイプを購入すればベストだと存じます。

 <お断り>

 上記は小生が実際に試している飼育方法でございますが、必ず成功すると保証するものではありません。皆様の飼育環境や生体の状態などにより、効果や経過は異なりますので、参考にされる場合は自己責任にてご利用頂けますよう、謹んでお願い申し上げます。


水槽用品類や熱帯魚などの生体も「とても」安く手に入るのは→「チャームさん」
騙されたと思って1度、色々と検索して見てください。見るだけでしたら、無料ですのでね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る