ミナミヌマエビ水槽を白濁り解消作戦2【400円水槽飼育記録06】


 スポンサーリンク



ミナミヌマエビ水槽を日光浴【400円水槽飼育記録05】からの続きです

 皆様こんにちは。それにしても今日は「暑い」ですね。

 400円水槽のミナミヌマエビですが、今日は「日光浴」による水草育成も兼ねて「日光」に当ててみたのですが、水量約3リットルのため、やはり「水温」がすぐに上がってしまいます。
 ちょくちょく確認していたのですが、36℃まで上がってしまった為、途中で切り上げて、冷房の効いているいつもの部屋に移動させました。


 スポンサーリンク

 そうそう、本日は、若いミナミヌマエビちゃんが「脱皮」する瞬間を見ました。
 最初、あまり動いているように見えなかったので、また死んでしまったのかな?と思って見ていたのですが、次の瞬間、皮から抜け出してきました。
 脱皮の瞬間は撮影できませんでしたが、下記の写真は脱皮直後の写真です。

ミナミヌマエビの脱皮

 脱皮した後の個体の色は、やはりちょっと透き通っています。

 さて、話が遅くなりましたが、水槽立ち上げ後、水が白く濁っていた件ですが、日光浴がよかったのか、その後、ほぼ自然に透明になった感じです。

 と言う事で、次なる目標は「リシア」と言う水草を育成することにしてみます。

 リシアは「浮き草」ではありますが、金網などで床に押し付ければ、小さな赤ちゃんミナミヌマエビなどの隠れ家にもなりますので、その辺りの狙いもあります。

 と言う事で、ホームセンターに行って参ります。

→リシアの育成を開始に続きます。


水槽用品類や熱帯魚などの生体も「とても」安く手に入るのは→「チャームさん」
騙されたと思って1度、色々と検索して見てください。見るだけでしたら、無料ですのでね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 15日

ページ上部へ戻る