うんち(大便) おなら 臭いにおい軽減できる簡単な方法

おならの臭い軽減

 スポンサーリンク



うんちが臭い・便がくさい・トイレのあとの匂いがスゴイと、ご相談を受けたことがあるのですが、大便の匂いを軽減できる、おならの臭さを抑える・減少させる・臭わなくさせる方法です。
汚い話だと受け取られる方もおられるかと存じます。
お食事中の方には深くお詫びを申し上げる次第です。
トイレにて大きいのをすると、臭いが強烈だとお話を伺った際に、アドバイスさせて頂いた情報となります。
オナラや便の臭いで、困っている方にはオススメです。




便のニオイが強い方は「腸内環境」が崩れている可能性があります。
動物の腸の中には「腸内細菌」が生息しており、ヒトでは約3万種類、100兆個~1000兆個の菌がいて、1.5kg~2kgの重量にもなっていると言います。

そして、おならや便がくさいのは、高脂肪・高たんぱく質である「肉類」の食事が続いて、腸内の「悪玉細菌」が増えてきている証拠にもなります。
と言う事は、もう、お分かりですね。
悪玉の細菌を減らせば良いのです。
ただし、お肉は食べたいですし、スーパーなどで購入できるヨーグルト、雑穀・果物のプルーンなどを摂取しても、なかなか改善できるものでもありません。

一番簡単なのは、乳酸菌関係の健康食品を1日1回、毎日、欠かさず摂取を続けることです。


腸まで届く

選ぶコツとしては、胃酸に負けない商品、腸まで届く、奥まで届くとあるものが良いかと存じます。

なお、3兆個ですとか、4兆個と、乳酸菌が多く入っていることを、うたっている物がありますが、それは、パッケージ(1袋)の中身(30日分など)を「全部」飲んだ場合の合計の数値となります。
よって、たくさん取りたいと考える場合には、きちんと、日割で計算して比較検討する必要があります。

なお、カプセルなどに入っていて飲むのに水が必要なタイプと、タブレットなど口の中でカンで食べるタイプなど色々とあります。
自分の環境に適した飲みやすいタイプを選べると良いでしょう。

そんなこんなで、1週間も、毎日、飲み続けていますと、だんだん、うんのがくさかったのも軽減され、おならの臭いも減少してくるのを実感できてくるんと存じます。
臭いをごまかす、消臭スプレーなどを買わなくて良くなりますので、コスト的にもそんなに大きく負担が増えることもないでしょう。

うれしい副産物としては、腸内環境が改善されることで、便秘で困っていた場合には、お通じが良くなります。
便秘ではない方でも、まぁ、出る回数が多くなるようなことは、基本的にはありませんので、困ることはあまりないでしょう。




また、ダイエットに繋がる可能性もありますし、腸が元気と言う事は、病気にもなりにくい体質に改善できる可能性もありますので、健康にも良い効果を期待できます。

あまくでも、個人的な実体験から(ご相談頂いた方が改善できた方法)となりますので、当然、個人差はあるかと存じますが、便・オナラの臭いを簡単に軽減できる方法でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る