家庭菜園【自動水やり簡単栽培セット】気軽に始める家庭菜園


 スポンサーリンク



 自宅と言うより部屋のすぐそばと、身近で水やりなど管理しやすく、畑を耕すなどの重労働はせず、食べたいときにすぐに収穫して、安全で新鮮でおいしい野菜が食べられるのが「プランター菜園」である。もぎたて、とりたての野菜はとてもおいしいと言うことも実感できる。

 プランターを使った簡単な野菜作りと言えども、やるとやらないでは子供の教育上も異なってくる。
ピーマンなど、もぎたて野菜は新鮮でおいしい。子供に取らせれば、嫌いな野菜料理も食べられ、好き嫌いが無くなる。
 日が当るちょっとしたスペースがあれば、アパートやマンションでも手軽に可能。
ベランダなど身近に「緑」があることで、ちょっとした心の安らぎだけでなく、地球温暖化防止のため、少しは緑化に貢献かも。

 野菜つくりで自分が一番知恵を絞り、野菜に良い環境を与えて上げられるのが「土」。日光や水に変化を与えるのは難しいですが、唯一「土」には知恵を絞り自分の考えで野菜に良い環境を作ることができる。野菜つくりは土つくりにあるといっても過言ではないのだ。
野菜が健康で元気に育つよう、土をしっかり作れれば、野菜は病気にもならず、害虫もつきにくい。
大きな畑や庭での家庭菜園だと、土つくりは手間も掛かり大変だが、作付け面積が超狭い「プランター栽培」であれば、市販されている培養土を購入することにより、超難関である土づくりを省略できるという利点もある。
安い腐葉土は数百円から購入できるので高くないのだ。


 スポンサーリンク

日光

 太陽の光は植物が育つ上で欠かせない重要な要素。
 中には日当たりの悪いところでも育つ野菜もあるが、大半は日当たりが良いほうを好む。
ただし、実際の住居で、1日中、日が良く当るベランダや庭がある家屋にお住まいとは限らないので、あまり深く考える必要はないでしょう。要するに、できる限り配慮できれば良いと言うこと。
 プランターは根が混雑すると病気になりやすいので、ベランダの置き場が許す限り大きめなものを購入すると良いのは言うまでもにい。

米や麦などの穀物とは異なり、多くの野菜は大量の水分を含んでいる。
地面に直接植えていれば良いが、プランター栽培の場合は畑とは違い、土が乾燥しやすいので、こまめに水やりする必要が有る。でも、野菜によって多少異なるが、基本的に毎日1回だけ水をあげれば良いので、昼間は働いていても育てる事が充分可能。
旅行などで長期間水を上げられないときには、自動水やり機を格安で購入すれば問題解消だ。

温度

温度管理をしっかりしたいと思っても自然が相手なので難しい。
ビニールハウスを設けるのは大変だし、投資も必要となるので、初心者の場合、温度管理は自然任せといったところだろう。そのため、お住まいの地域の温度に適した野菜を選択して植えるのが一番と言える。
一番気を使いたいのは夏季の温度。夏に暑くなる地域であれば、高温に強い野菜を選択すると良い。

栄養

 基本的に肥料を与えなくても育つが、肥料を追肥するのとしないのでは、野菜の成長や収穫量が違ってくる。
無農薬農法、有機農法など様々な農法があるように、野菜に栄養を与える方法は皆様個人の好みの方法で良いかと存ずる。
最初から無農薬に拘ると、害虫や病気で全滅なんてこともあるので、あまりこだわる必要もないかと思う。
是非、お好みの方法で挑戦されて見て欲しい。
有機肥料でも今はイロイロなタイプがある。

 連作も問題なし 水不足の心配もないホーム菜園セット

 旅行などで留守でも安心の自動給水。水やりは週1回のすぐれもの。
 土を使用しなくても良いので、連作も可能なのが便利なうえに、簡単・安心・楽しい。
 トルマリン石使用で天然ミネラルも豊富。


自家栽培でもおいしい野菜が育てられるトルマリン配合の家庭用水栽培器

いただきますの意味

 日本人は「いただきます」と、ご飯を食べるはじめる際に言うが、欧米人は食事を始める前に「いただきます」とは言わない。あなたはこの言葉の意味を考えた事はありますか?
この言葉の真意は「私が生きるために動物や植物の命を頂きます」と言う事。動物もそうだが、植物や野菜にも「命」がある。普段、当たり前のように食事をしているが、我々は毎日「命」を食べて生きているのだ。
ちなみに「ごちそうさま」は、馳走=走り回って食材を確保した人に対しての感謝の気持ちを表したもの。
生きるためとは言え、罪もない植物や動物の命を奪っていると言う事実は大変重く、もし、天国と地獄があるのであれば、人間は全員地獄に落ちるだろう。
レストランで食事する際、お金を払っているのだから「いただきます」「ごちそうさま」は言わないと言う日本人もいると言う。お金を払うと言う事は本来自分で行わなくてはならない狩猟・収穫や調理を代行してもらうサービスを受けているからであって、決して挨拶や御礼を言わなくて良いと言うことではない。せめてお店を出る際には「ご馳走さま」くらいは気持ちよく言いたい。
現代社会では旧石器時代のように自分で走り回って狩りをして、家族の為に食べ物を捜し歩くと言う事はしない時代であるが、野菜を家庭で簡単なプランター栽培するだけでも、自分たちで食材を確保すると言う行為を体験できると存ずるので「食べ物を大切に思う」と言う教育の為にも子供を持つご家庭にはお勧めしたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る